スポンサードリンク

年収Top >  お金の最新ニュース >  円高時代の資産運用。外貨預金ってどうなのよ!?

円高時代の資産運用。外貨預金ってどうなのよ!?

円高です。


まだまだこの円高傾向は続くとみられていて、1ドル=80円台は当たり前、70円台
もありうるというのが一般的に識者の意見でしょうか。


なんでも急激に円高が進んだ10月に外貨預金の口座数が一気に増えたそうですが
ちょっと動くのが早すぎましたね。円安にならないと為替差益がでないのでまだまだ
円高になるこれからのことを考えるとちょっと外貨預金の口座を開設する時期として
は早すぎたといえるでしょう。


というか銀行で外貨預金なんてしている人は完璧にカモですからね。あんなに高い
手数料を支払わないといけないのはバッタクリ以外のなにものでもないです。


どうせ外貨預金をするならせめてネットバンクでやるべきです。ネットバンクなら銀行
窓口で口座を開設することに比べて


・手数料が安い
・高金利
・家のパソコンから預け入れ、引き出しができる


というように取引条件がいいうえ、残高もパソコンで見れ何かと便利だからです。


さて、円高が進むと注目をあびるのが外貨投資です。外貨預金もそのひとつですが
他にも今流行のFXも外貨投資ですし、外貨MMFという投資信託もありますね。


今のところ、レバレッジをかけなければその手数料の安さと金利からFXが一番いい
外貨投資だといわれます。それにFXは円安に動いても円高に動いても利益がでる
やり方があるわけですが、外貨預金と外貨MMFは円安に動かないと儲けがでません。


どこまで円高が進むかわからない現状において、このあたりの柔軟性があるFXを
するほうが外貨投資を考えているならいいのではないでしょうか?


レバレッジ1倍でスワップ金利を狙うトレード方法をするなら外貨預金をするより
安全でメリットが大きいですからね。


レバレッジ1倍の外貨預金型FXをするならフォーランドフォレックスがおすすめ!


P・S


ここからはどうでもいい話になりますが、とある筋の情報によると現在は3段階ある
不況の第一段階で第二段階が来年2009年から、そして2010年で不況のピークに
なるとのこと。


そこからしばらく底が続くようですが、2012年ぐらいから一気に大転換を迎えての
ビッグウェーブがくるそうです。このビッグウェーブは谷が深ければそれだけ山も
大きくなるという象徴的なものになるとか。


まぁなんとかこの2〜3年を耐えしのげば未来は明るいはず!?とのことです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 資格の年収ランキング 資格武装で不況を乗り切る!?  |  年収Rトップ  |  次の記事 阿久根市の公務員の給料から考える日本という国  >