スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング31⇒40 >  電車車掌 :平均年収と仕事内容

電車車掌 :平均年収と仕事内容

■ 電車車掌のデータ


○ 平均年収 676万円  ○ 就業者数およそ3万人

○ 関連資格 特になし

○ 関連職業 電車運転士

■ 電車車掌の仕事内容


電車の安全な運行のため、電車運転士と連携して、乗客の安全確認を行なって
目的地まで確実に案内するのが、電車車掌の仕事です。


電車車掌は、ホームに電車が到着すると乗客の乗り降り、運転時刻、信号などを
確認してドアを開閉を行います。運転士はドアの開閉を合図に電車を発車させるため
電車車掌と電車運転士の連携は安全運転のために非常に大切になります。


電車車掌は乗客の乗り降りの安全確認以外には、電車の走行中、車内アナウンス
を行い次の到着駅や乗換え、路線案内などを乗客に案内したり、乗車券や特急券
の確認と精算なども行うのも仕事のひとつです。


電車車掌になるには、高校を卒業してから鉄道会社に就職して、駅務員を経験した後、
社内の昇格試験に合格することで、車掌になります。


車掌を経験を積んだ後は、電車運転士に進むことが多いですが、それとは別の社内
試験を受けて指導・監督を行う助役や区長、駅長を目指すこともできます。


電車車掌の年収は鉄道会社の規模の大きさで異なっているため大手の鉄道会社で
あれば年収およびその他の待遇もいいようです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 自然科学研究者 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 客室乗務員 :平均年収と仕事内容  >