スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング41⇒50 >  製鋼工 :平均年収と仕事内容

製鋼工 :平均年収と仕事内容

■ 製鋼工のデータ


○ 平均年収 501万円  ○ 就業者数およそ3万人

○ 関連資格 【クレーン運転士】【ガス溶接技能者】【危険物取扱者】

○ 関連職業 圧延工、金属熱処理工

■ 製鋼工の仕事内容


製鋼工の仕事は、溶鉱炉で製造された溶銑を転炉を使って精錬して、鉄鋼の性質
に有害な不純物を取り除く作業を行うことです。


溶銑から不純物を取り除くことで硬く頑丈な鉄鋼となるので製品の品質に関係する
非常に重要なポジションに製鋼工は就いているといっていいでしょう。


製鋼工の仕事は、通常、原料職、炉前職、二次精錬職、造塊職、連鋳職の作業
工程別に分業して働くことになりますが、最近はかつての力仕事から工程の自動化
・コンピュータ化が進んでいるため、機械やコンピュータを扱う知識や専門技能を\n学ぶことも大切になります。


もちろん鉄鋼についての知識や精錬するためのさまざまなノウハウが前提にあって
の機械作業になるので、現場で学ぶ知恵や勘というものを忘れてはいけません。


製鋼工になるには、鉄鋼会社に就職して、現場で先輩社員や上司の指導を受け
ながら経験を積んで、クレーン運転士やガス溶接技能者、危険物取扱者などの
資格や技能を身につけていくのが一般的です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 発破員 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 薬剤師 :平均年収と仕事内容  >