スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング31⇒40 >  社会保険労務士 :平均年収と仕事内容

社会保険労務士 :平均年収と仕事内容

■ 社会保険労務士のデータ


○ 平均年収 552万円  ○ 就業者数およそ3万人

○ 関連資格 【社会保険労務士】【行政書士】

○ 関連職業 経営コンサルタント、行政書士、ファイナンシャル・プランナー

■ 社会保険労務士の仕事内容


勤労者には病気やけが、失業や老後に備えて、労働保険や社会保険の制度が
ありますが、社会保険労務士は、企業や事業主から依頼を受けてこれらの保険
に関する各種申請書や報告書などを作成したり、手続きを代行する仕事です。


社会保険労務士は中小企業と契約して労務に関して助言や指導を行う仕事が
中心ですが、就業規則や給与規程を作成・整備の代行をすることもあります。


社会保険労務士になるには、社会保険労務士の国家試験に合格することに加えて
労務に関連した事務の実務経験が2年以上あることが必要になります。


社会保険労務士の資格は受験資格もそうですが、行政書士や司法書士と関連して
いるため複数の資格を所有しているほうが武器になります。


社会保険労務士としての働き方は、企業の労務関係の業務に就くケースに加えて
独立開業するケースがあります。


いずれの場合も労務・社会保険関係の法律は頻繁に改正され内容も複雑になって
きているため自主的・継続的に勉強を続けることが大切です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 建築家 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 金属熱処理工 :平均年収と仕事内容  >