スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング51⇒60 >  クレーン運転士 :平均年収と仕事内容

クレーン運転士 :平均年収と仕事内容

■ クレーン運転工のデータ 


○ 平均年収 467万円  ○ 就業者数およそ8万人

○ 関連資格 【クレーン運転士】【移動式クレーン運転士】

○ 関連職業 玉掛け作業員

■ クレーン運転士の仕事内容


クレーン運転士は、建設現場や船への積荷の上げ下ろしなどで活躍するクレーン
を自在に操作して、何トンもの重い物資や機材を移動させたり、高いところに運び
上げるのが仕事です。


クレーン業務は物資や機材を運びやすい形に整える玉掛け作業員とのコミュニ
ケーションが大切で、荷物がしっかりと結ばれてバランスが取れているかを確認
してから、安全・正確に積荷を移動させることが重要になってきます。


効率よくスムースに仕事をするためには熟練したレバーの操作の技術が必要に
なるためある程度のキャリアがクレーン運転士には必要になります。


クレーン運転士になるには義務教育を終えてから土木・建設・運輸・製造関連の
企業に就職することになります。


基本的にクレーンの運転は資格がいることがほとんどなので働きながらクレーン
運転士免許、移動式クレーン運転士免許、デリック運転士などの資格を取得する
ことになります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 看護師 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 機械修理工 :平均年収と仕事内容  >