スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング21⇒30 >  警察官 :平均年収と仕事内容

警察官 :平均年収と仕事内容

■ 警察官のデータ


○ 平均年収 806万円  ○ 就業者数およそ24万人

○ 関連資格 【警察官採用試験】

○ 関連職業 警備員、守衛、ボディガード

■ 警察官の仕事内容


地域の住民が安心して平穏な生活を送れるように社会秩序を維持して人々の生命
と財産を守るのが警察官の職務になります。


警察官の仕事には、多くの分野と種類があり、所属する課によって、地域・生活安全
・警備・交通・刑事・警務など仕事内容は異なってきます。


近年は女性警察官の割合が年々増加しており、女性警察官の定番であった交通課
で働くこと以外にも、刑事としての犯罪捜査、暴力団対策をはじめ、警衛・警護などの
分野にも女性警察官が進出して活躍しています。


警察庁の警察官は国家公務員、都道府県の警察官は地方公務員という扱いになる
ため、警察官になる場合(都道府県の警察官のケース)は各都道府県で実施される
警察官採用試験を受験して合格する必要があります。


警察官採用試験では、警察の危険でハードな職務に耐えられるかどうか、学科試験
だけでなく身体検査と体力測定を行い、警察官としての適性を見分けます。


採用試験合格後は、警察学校に入校して基礎研修を受け、卒業後は交番勤務から
キャリアをスタートさせ、その後専門職(白バイなど)へと枝分かれしていきます。


警察学校に入校したときから給料が支払われますが、警察官は消防士などと同様に
職務の危険性などを考慮して給料は一般公務員よりも優遇されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 新聞記者 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 弁理士 :平均年収と仕事内容  >