スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング11⇒20 >  パイロット :平均年収と仕事内容

パイロット :平均年収と仕事内容

■ パイロットのデータ


○ 平均年収 1381万円  ○ 就業者数およそ3000人

○ 関連資格 【事業用操縦士】【定期運送用操縦士】

○ 関連職業 特になし

■ パイロットの仕事内容


航空機を操縦して、乗客や貨物を目的地まで安全に運航するのがパイロットの
役割になります。航空会社の定期航空便の場合は、機長と副操縦士の二人で
役割を分担しながら航空機を操縦することになります。
 

航空機は安定飛行中は自動操縦に切り換えますが、その間にもパイロットは、
航空管制官と連絡を取り合って飛行位置の確認や計器を確認して機体に異常が
ないかなどの確認を続けます。


航空会社のパイロットになるには、航空大学校に入学して、航空会社に採用される
コースと普通大学を卒業後、航空会社に就職して、自社養成パイロット制度に採用
されるコースの2通りがあります。


航空機内という特殊な環境への適応、高度な専門知識と操作技術がパイロット
には求められるため、航空大学校にしろ航空会社の就職試験にしろパイロットと
しての適性を判断する厳しい適性検査にパスする必要があります。


パイロットとして採用された後は、事業用操縦士の国家試験に合格して、訓練を
積んだあとは副操縦士として飛行経験を積み、最終的には機長に昇格するのが
一般的なコースとなります。


心身共にハードな仕事だけに、パイロットには定期的に身体検査が行われること
になっており、その身体検査にパスできなければパイロットとして働くことはでき
なくなります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 大学教授 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 公認会計士 :平均年収と仕事内容  >