スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング81⇒90 >  介護福祉士 :平均年収と仕事内容

介護福祉士 :平均年収と仕事内容

■ 介護福祉士のデータ


○ 平均年収 333万円  ○ 就業者数およそ41万人

○ 関連資格 【ホームヘルパー】

○ 関連職員 ホームヘルパー、ケアマネージャー

■ 介護福祉士の仕事内容


介護福祉士はホームヘルパーなどとともに介護・福祉施設で働き、高齢者や
障害を抱えて一人では日常生活を送ることが困難な方たちの介護や生活の
援助を行うのが仕事です。


介護福祉士もホームヘルパーも施設内での仕事内容はさほど変わりはあり
ませんが介護福祉士のほうがより専門的で高度な知識と技能を有する上位
資格であるため資格手当が高くつくことや社員として採用されやすいという
メリットがあります。


介護福祉士の資格を取得するには、3年以上老人ホームなどで介護職の経験
をするか、高校で所定の教科を学んでから国家試験を受験することができます。


また、大学、短大、専門学校などで指定の養成課程を修了する、大学の福祉系
学部や社会福祉士・保育士養成施設などで必要な科目を履修し、さらに指定の
養成施設で1年間学ぶことで国家試験を免除され介護福祉士になれます。


なお、介護福祉士の試験内容は筆記と実技で、合格率は約50%程です。


高齢者福祉の充実ため介護・福祉施設の増設とそこで働く介護福祉士の育成が
急がれていますが、今後の高齢者福祉は保健・医療分野と連携して行うことが
予想されますので保健・医療にも精通した人材が求められていくと考えられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 栄養士 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 幼稚園の先生 :平均年収と仕事内容  >