スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング21⇒30 >  司法書士 :平均年収と仕事内容

司法書士 :平均年収と仕事内容

■ 司法書士のデータ


○ 平均年収 890万円  ○ 就業者数およそ1万8000人

○ 関連資格 【司法書士国家試験】

○ 関連職業 行政書士、社会保険労務士

■ 司法書士の仕事内容


土地や建物の売買の際に必要となる不動産登記業務をはじめ、会社設立の時に
必要な商業登記、裁判所、検察庁、法務局などに提出する書類の作成や手続き
などを法律の専門的知識を活かして代行するのが司法書士の仕事です。


以上のような業務のほかに、2003年に司法書士法が改正されたため、主に簡易
裁判所での訴訟に関して、司法書士も法廷に立って弁護士と同じように訴訟指揮
ができるようになるなど活躍の幅が広がっており、弁護士に次ぐ法律の専門家として
重要な役割を担うようになってきています。


司法書士になるには、合格率が約2〜3%といわれる司法書士試験(国家試験)に
合格しなければなりません。


司法書士試験では、筆記試験と口述試験が行われますが、非常に難関な試験で
あるため、1回で合格するのは難しいため、数年間にわたって試験を受けることが
一般的です。


また、司法書士試験のための勉強は大学法学部で学ぶと共に法律の専門学校に
通う必要があるといいます。


国家試験を合格した後で、すぐに司法書士事務所を開業することもできますが、
基本的には、まず司法書士事務所や一般企業に勤めて法務部門などで経験を
積んでから開業するケースのほうが多いといいます。


法律や法令改正というものが常に考えられるので毎日の情報収集や研修会や
研究会に積極的に参加し、勉強を続ける努力が大切になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 弁理士 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 税理士 :平均年収と仕事内容  >