スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング1⇒10 >  都道府県知事 :平均年収と仕事内容

都道府県知事 :平均年収と仕事内容

■ 都道府県知事のデータ


○ 平均年収 2097万円  ○ 就業者数 47人

○ 関連資格 特になし

○ 関連職業  国会議員、市長

■ 都道府県知事の仕事内容


都道府県知事は、都道府県の代表として毎日、分刻みのスケジュールに沿って
政策の立案及び提案、各地で行われる式典等への出席、現地機関を訪問しての
職員と意見交換と交流、月一の定例記者会見などさまざまな業務を行っています。


都道府県知事は、地方公務員の特別職にあたり、同じく特別職の副知事や出納長
に加え都道府県の職員数千人と住みよい社会作りのために尽力することになります。


都道府県知事は4年に一度住民の直接選挙によって選ばれます。地方議会の議員
の場合は当該都道府県に住所がなければ選挙に出れませんが、知事においては
例外とされています。


知事選に出馬するためには、以下の条件を満たしていることが必要です。


・日本国民であること
・年齢満30年以上であること


知事の多くは有名大学を卒業しており、前職が衆議院や参議院の議員であること
もしくは市長や省庁の関係者であることがほとんどです。


これは前職で築いた地元の有権者の地盤や人脈がなければ知事選を勝ち抜ける
ことができないからとされます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 医師 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 弁護士 :平均年収と仕事内容  >