スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング31⇒40 >  発電員 :平均年収と仕事内容

発電員 :平均年収と仕事内容

■ 発電員のデータ


○ 平均年収 624万円  ○ 就業者数およそ5万人

○ 関連資格 【電気主任技術者】【放射線取扱主任者】

○ 関連職業 特になし

■ 発電員の仕事内容


火力・水力・原子力などの発電所でつくられたエネルギーを電気に変換する業務
を行うのが発電員の主な仕事です。


発電所から一般家庭まで電気の流れを最適に保つ業務についているのは発電員
以外にも発電所から来た電気を送電線の種類に合わせて適正な電圧に調整して
送り出す業務を行う変電員と各家庭や工場などに電気が行き届くように電柱などの
配電器機の点検・修理などをする配電員がいます。


発電員の仕事には、季節や時間帯によって変わる電気の使用量を把握して、使用
される量と同じだけの電気を常に作り出すための発電出力の調整にあたる発電設備
の運転とそれら設備が正常に作動しているかを確認する保守・点検に分かれます。


発電員になるには、電力会社や発電会社に就職します。危険物を取り扱う業務や
専門的な知識が必要になる業務もあるため、職務に関連する資格を取得すること
が求められる場合があります。


発電員に関連した資格をあげると、「電気主任技術者」「ボイラー技士」「危険物取扱者」
「放射線取扱主任者」、「原子炉主任技術者」などがあり、資格を取得しておくと、
仕事の幅が広がるうえ、、昇給や昇進に役立ちます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 電車運転士 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 国家公務員 :平均年収と仕事内容  >