スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング11⇒20 >  医師 :平均年収と仕事内容

医師 :平均年収と仕事内容

■ 医師のデータ


○ 平均年収 2086万円(開業医) ○ 就業者数は不明

○ 関連資格 医師国家試験

○ 関連職業 特になし

○ コメント

大学病院や診療所に勤める勤務医の平均年収はおよそ1046万円になります。

■ 医師の仕事内容


医師は病院や診療所で病気や怪我で苦しむ患者の治療を行う以外にも、病気や
怪我の予防、リハビリまたは臨床の現場ではなく研究室で基礎医学を研究して
病気の原因を調べることもあります。


医師の仕事は人の命にかかわる責任の重いものであり、ミスが許されないという
精神的なプレッシャーが相当にあるうえ、24時間体制で働くこともあり肉体的な
厳しさもある職業であるといえます。


医師は大学病院や診療所に勤める勤務医という働き方のほか、自らクリニックや
診療所を経営する開業医という働き方があります。


基本的に勤務医のほうが激務(特に救命)ですが、開業医の方がいい給料を得て
いるのが現状で、ほとんどの開業医は親の病院を引き継ぐ形で働いています。


医師になるには、大学の医学部か医科大学で6年間学んだ後で医師国家試験に
合格し、規程の医療機関で2年間研修することが義務付けられています。


大学の医学部や医科大学への入学は非常に難しいうえ、6年間にかかる学費が
大学によっては半端ではないため、家がお金持ちでない限りは国公立の大学へ
いくか、奨学金をもらうなどして学校へ通う必要があります。


合格率が9割近い医師国家試験ですが、内容も昔に比べ変わってきており、飽和
状態に近づいているといわれる医師を取り巻く環境も変化が見られそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プロサッカー選手(Jリーガー) :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 都道府県知事 :平均年収と仕事内容  >