スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング1⇒10 >  国会議員 :平均年収と仕事内容

国会議員 :平均年収と仕事内容

■ 国会議員のデータ


○ 平均年収 2228万円  ○ 就業者数 722人

○ 関連資格 特になし

○ 関連職業 地方議会議員、国会議員秘書

■ 国会議員の仕事内容


国会議員は、法律を立案して、日本国民がより良い生活を享受できるように国会で
法案の審議と決議をするのが仕事になります。


社会情勢や経済活動など時代の変化に機敏に対応して、国民が安全・快適に過ご
せるルールを国会で作るのが国会議員に課せられた使命となります。


日本では国会は衆議院と参議院に分かれるため、そこに在籍する衆議院議員と
参議院議員のことをまとめて国会議員と総称していいます。


国会議員になるには、衆議院議員であれば満25歳以上・参議院議員であれば
満30歳以上で選挙に出馬することができ、投票によって議員になれるかどうか
が決まります。いずれも日本国民でなければいけません。


国会議員の給料は歳費といわれ、新人もベテランも議員としてもらう額は同じです。


歳費の内訳は無役の議員で月額137万5000円で、これにボーナスが718万円
文書交通費が月100万円、国会会期中には議会雑費が日額6000円、党に属して
いれば立法調査費として月65万円をもらえます。


さらに公設秘書3人の給与は年間2000万円ぐらい払われるのですが、ちゃっかり
自分の懐にいれる国会議員もいます。(もちろんバレたら捕まります。)


破格の給料以外にもさまざまな議員待遇があり、国民から怒りを買うことが多い
国会議員ですが、法律の勉強や地元有権者へのあいさつ周りなど毎日ぎっちり
つまったスケジュールをこなさなければならないため休みはまったくなく、24時間
働き続ける激務中の激務の職業として知られています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 弁護士 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 警視総監 :平均年収と仕事内容  >