スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング61⇒70 >  サラリーマン ;平均年収と仕事内容

サラリーマン ;平均年収と仕事内容

■ サラリーマンのデータ


○ 平均年収 436万円  ○ 就業者数およそ4450万人

○ 関連資格 特になし

○ 関連職業 特になし

○ コメント

サラリーマンの給料についてさらに補足すると

平均年収は436万円ですが、年収300万円以下は37.6%


【世代別の平均年収】

20代 341万円、30代 484万円、40代 589万円、50代 573万円


【役職別の平均年収】

平社員 490万円、係長 680万円、課長 850万円、部長 1032万円


【学歴別の平均年収】

中卒 438万円、高卒 490万円、高専・短大 493万円、大学 672万円

■ サラリーマンの仕事内容


サラリーマンの勤め先である会社は、日本にはおよそ300万社あり、それぞれの
会社は扱う商品やサービスによって、製造・流通・金融・建設・IT・不動産・マスコミ
などに分けられます。


会社のなかで、担当する仕事というとモノやサービスを売り込む「営業」、お金を
計算する「経理」、モノやサービスを開発する「研究」、どうすればもっと儲かるかを
考える「企画・マーケティング」などに分かれて働くことになります。


学校を卒業してから就職試験を受け会社に入社したあとは、先輩社員に仕事を
教わりながら専門分野に関して知識と経験を深めていきます。


出世のスピードや昇給の仕方、仕事の激務度は入った業界や企業によって差が
あるために一部マスコミではどこの企業に入るかで「勝ち組・負け組」が決まるとも
いわれています。


格差社会となりつつある今、サラリーマンの働き方も大きく変動してきており一部
の人間が限りなく儲け、底辺の人間はどれだけ働いても報われないという現実が
出てきています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プログラマー :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 トラック運転手 :平均年収と仕事内容  >