スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング1⇒10 >  プロ野球選手 :平均年収と仕事内容

プロ野球選手 :平均年収と仕事内容

■ プロ野球選手のデータ


○ 平均年収 3751万円  ○ 就業者数およそ750人

○ 関連資格 特になし

○ 関連職業 プロ審判員、監督、コーチ

○ コメント

平均年収 3751万円というのは一、二軍を合わせた年収であり、一軍のみで
平均を出すと6583万円で、球団別だと1位はもちろん巨人が平均1億円(1軍)
最下位は楽天で2955万円になります。


メジャーリーグでは選手の平均年収は270万ドル(3億1000万円)でチーム別
では最高がヤンキースの平均年収の695万ドル、最低がマリナーズ59万ドル
になっています。すげ〜ぇ。

■ プロ野球選手の仕事内容


セ・リーグでは年間146試合、パ・リーグでは年間136試合とプレーオフを戦って
チームの優勝を目指すとともににプロならではのパフォーマンスを見せて観客を魅了
するのがプロ野球選手の仕事です。


これまでは野球選手の活躍の場は日本国内に限られていましたが、米国メジャー
リーグへの挑戦やWBCの開催もあり、国外で野球選手の活躍がみられるケース
も増えてきています。


プロ野球選手になるには高校野球や大学・社会人野球で活躍してスカウトに目を
つけてもらうことで、希望入団枠選手として契約するか、ドラフト会議で指名を受け
なければなりません。


プロ野球選手は一年契約の個人事業家という形で球団と契約を結んでいるため、
シーズン中の活躍によって次のシーズンの年棒が上下します。


野球選手として活躍できる現役生活は短いため稼げるうちにできるだけ稼ぐという
のがセオリーになっているため契約更新のときは納得のいくまで球団と話し合いを
することになります。


プロスポーツであるからには球団にとってはチームもタイトルを獲得することが全て
であるため、海外から優秀な外国人選手を補強したり、有望な若手を入団させます。


そのため毎年球団内でのレギュラー争いは熾烈であり、それ以外にもいつ怪我、
戦力外通告、そして引退に追い込まれるともわからないためプロ野球選手は常に
危機感を持ってプレーする非常にシビアな職業といえます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 国務大臣 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 最高裁判所長官 :平均年収と仕事内容  >