スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング41⇒50 >  建築家 :平均年収と仕事内容

建築家 :平均年収と仕事内容

■ 建築家のデータ


○ 平均年収 538万円  ○ 就業者数およそ31万人

○ 関連資格 【一級建築士】【二級建築士】【木造建築士】

○ 関連職業 大工、インテリアデザイナー

■ 建築家の仕事内容


一般住宅からオフィスビルなどの建築物をその目的や依頼に応じて、設計図を描き
その設計図をもとに、建築現場での作業の指揮・監督を行うのが建築家です。


建築家と一口にいっても建築物の設計図面を引くことをメインとする建築家と現場
で作業員の指揮・監督する施工をメインとする建築家の2つに分けることができます。


限られた予算や立地のなかで、いかに依頼主の要望を超える建築物の設計を行う
ことができるかが建築家の腕の見せ所になるところです。


建築家として生計を立てていくのであれば、建築士の資格が必要不可欠であり、
取得している資格が一級、二級、木造の三種類のどれであるかで扱える建築物の
規模や構造が変わってくるので、当然、収入も異なります。


建築士事務所をはじめ建設会社などに就職した後は、現場で経験を積み関連資格
を取得して、自分御のデザインが世間に認められると設計コンサルタント業として
独立・開業する道も開けてきます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 診療放射線技師 :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 社会保険労務士 :平均年収と仕事内容  >