スポンサードリンク

年収Top >  年収ランキング11⇒20 >  公認会計士 :平均年収と仕事内容

公認会計士 :平均年収と仕事内容

■ 公認会計士のデータ


○ 平均年収 1426万円  ○ 就業者数およそ2万人

○ 関連資格 公認会計士国家試験

○ 関連職業 税理士、ファイナンシャルプランナー

■ 公認会計士の仕事内容


企業が作成した決算書に不正が行われることなく、正しく会計が行われているか
を第三者の立場でチェックする専門家が公認会計士です。


公認会計士は法人に対しての会計業務の監査だけでなく、決算や会計が正しく
効率的に行われるよう指導することや企業や個人の税務に関する相談や手続きに
関する業務も行うこともできます。


(税理士の業務を行うには税理士としての登録が別に必要になります。)


公認会計士になるための試験制度が2006年より改正されており、従来の3段階
方式の試験はなくなり、変わって必要な知識とその応用能力があるかどうかを判定
するための短答式(マークシート)及び論文式による筆記の方式に変更になりました。


公認会計士の試験は司法試験、国家公務員?種に続く難関といわれるものなので、
仕事の専門性に応じた高収入が得られることは間違いなく、大手監査法人に勤務
した場合は入社後数年で1000万円前後の年収が見込めるようです。


企業会計は年々複雑になっているため、今後予想されることとしては個人事務所を
開設するのが難しくなりそうなので。監査法人や複数の公認会計士の共同事務所
の役割が大きくなるだろうと言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 パイロット :平均年収と仕事内容  |  年収Rトップ  |  次の記事 テレビ局勤務のサラリーマン :平均年収と仕事内容  >